リロケーションとは

転勤や移転など、何らかの事情で住まいを離れざるを得ないときがあります。
本当は家を手離したくないのに移転しなければならない場合、住居は残して人に貸すという選択肢もあります。
それがリロケーションで、期間を区切って貸すのが一般的な賃貸とは異なる点です。
借地借家法の改正によって定期借屋権が施行されてから、貸主から一定期間後に契約を終了することが可能になりました。
借りる側では一定期間のみ物件を借りることになりますが、一般的な賃貸物件よりも恵まれた物件を借りられる可能性が広がったのです。

不動産会社でもリロケーション物件を扱うようになったため、貸主と借主の出会いが簡単になりました。
ただ、借りる側としては物件を探して契約をすればいいのに対して、貸す側には物件を仲介会社に提供する方法に種類があり、適切な方法を選ぶ必要があります。
そこでここでは、リロケーション物件を貸す流れについてお話しましょう。
仲介会社とも初めに相談することになりますが、まず決めておきたいのはどのくらいの期間物件を貸せるのかです。
期間を区切って貸し出す物件がリロケーションですから、これがハッキリ決まらない以上物件を出すわけにはいきません。
再び自分が戻って住むことになるだろう時期は、慎重に検討する必要が出てきます。

もうひとつ重要なポイントは、通常の賃貸物件よりも、リロケーション物件は家賃相場が低くなるという点です。
こうした基本をしっかり踏まえてよく相談に乗ってくれる不動産業者に仲介を頼むことも大切です。



~注目サイト~
何らかの事情で住まいを離れざるを得ないときリロケーションで家を貸すことができます → → 家を貸す

Copyright © 2014 リロケーションを貸す流れについて All Rights Reserved.